JDSFAについて

JDSFAが目指すこと

一般社団法人 日本発達支援サッカー協会(JDSFA)は、サッカーの普及と育成を通じて、だれもが認め合いながら、生きる喜びを獲得し、可能性を追い求めるスポーツ文化の発展に寄与するとともに、発達障がいへの理解を広げ、豊かなコミュニケーションと多様性を包括できる社会づくりに貢献します。

 

  1. 特性に合わせたプログラム・ルール、チーム作り、大会の開催・運営
  2. サッカーを通じて社会参加のサポートとともに生きがいを支える居場所の創造
  3. サポート環境を充実させる指導者の育成と保護者への支援

 

 

そのためにこんな活動をしています

発達障がいをもつ子どもたちがサッカーを通じて楽しみながら成長できるSKCアカデミーの運営
発達障がいを持つ子どもたちで構成するサッカーチームBlue Geniusの運営
発達障がいをもつ子どもたちのための各種イベント開催
発達障がいをもつ子どもたちに関わる全ての方を対象にした役立つさっかぁりょういく認定講座の開催
発達障がいをもつ子ども達の保護者の方を対象にした、じっくり学べるペアレントラーニングの開催
さっかありょういくのプロフェッショナルを育成する認定講座の開催  など

みんなの笑顔が見たい!
子どもたちと家族の笑顔を作るサッカー教室
SKCアカデミー

JDSFAが運営する、発達障がいを持つ子どもたちを対象にしたSKCアカデミーは、協会認定ライセンスを持つ専任コーチが指導する日本で唯一のサッカー教室です。ここは子どもたちにとって安心して楽しめる居場所。その顔には自然と笑顔と情熱があふれ出します。

楽しそうに走り回る子どもたちの笑顔は保護者の皆さんも笑顔にします。みんなの顔から笑顔がこぼれます。

何事も、自信がない事や初めての事からは逃げ出して行動に移せない子ですが、サッカーで、できた!やれた!を体験させてくれ、それが自信につながりました、やりたい!もっと強くなりたい!と意欲的になりました。

それは日常に活かされ、不安な事でも、1回見てからやってみように変化してきました。

(お子さんがSKCアカデミーに参加するお母さんの声)

ご支援をいただいている企業・団体様